So-net無料ブログ作成
検索選択

格に入って格を出でよ [名言]

元首相の細川さんの陶芸のことが今朝の読売新聞のコラムに出ていた。
その精神はこの表題の通り、「同じ型を磨いた上にも磨き抜き、徹底的にやり尽くした時に、初めてその枠を超え、その人なりの自由な味わいが出てくるのだと思う」ということだ。
これは松尾芭蕉が俳諧の心得として残した言葉らしいのですが、どんな世界にも通じると思うのです。
まずは格に入らなければ物事は出鱈目に終わるだろうから、視点が大切ですね。

メッセージを送る